おすすめのヨガレッスンはここで決まり!

親指の付け根が痛い人必見!その場でできるほぐしヨガ

みなさんこんにちは!
運営者のみなみです。

今回は手首や親指の付け根あたりが痛いので、ヨガでほぐす運動をレッスンで教えてもらいました。

同じような悩みを持っている読者の方がいらっしゃたら参考にしてみてください!
ただ痛かったり違和感を感じた場合はすぐにやめてくださいね。

親指の付け根が痛くなるのは

  • 筋肉が凝っている
  • 筋肉が少ない

という原因からくるようです。

それぞれの原因に対処するための運動を見ていきましょう。

目次

筋肉が凝っている

筋肉をほぐす体操1

右肘のシワから指2本分取ったところ、赤い楕円のあたりに親指に繋がっている筋肉があります。
ここを左手の親指で掴みます。

家汚くてまじでごめんなさい

掴んだら左手を前後に動かしてほぐします。

ぐりぐりぐり

気持ちいいですか?
私は随分凝っていたようで、とても気持ちよかったです。

筋肉をほぐす体操2

右腕を上に挙げて、さっき親指で触っていた赤い楕円形の辺りに左手の小指が来るように掴みます。

掴んだら今度は左右にぐりぐり動かします。
右手と左手で逆方向を向くように動かすとより効果的です。

この2つの体操を両手それぞれでやります。

筋肉が少ない

親指の付け根が痛い人は、関節を支える筋肉が少ない可能性が高いです。
特に女性に多い原因です。

なので筋肉をつけて関節の負担を減らしましょう!

親指側と小指側を紹介します。

親指側の筋肉を鍛える運動

招き猫の形になります。

親指を手の内側に入れ、残りの4本で包み込みます。

息を吸いながら握った手を下にぐーっと寄せます。(赤矢印)
すると青線あたりにある親指の筋肉が鍛えられます。

次は息を吐きながら力を緩めて、手をパーの状態にほどきます。

これを何回か繰り返す。

小指側の筋肉を鍛える運動

立った状態で小指が体の前側、親指が体の後ろ側に来るようにする。
そして親指を手の内側へ折りたたむ。

残りの4本で親指を包み込み、上方向にグーッと寄せる。
この時息を吸う。

息を吐きながら力を抜いてパーにする。

これを何回か繰り返す。

今日の先生について

今回担当してくれた先生はshoko先生です!

あわせて読みたい

現在はアメリカ在住で、海の向こうからオンラインレッスンを届けてくれました笑

看護師として働いた経験が存分に活かされたレッスンでした。
ヨガの先生は解剖学や生理学を学んでいますが、やはり他の先生よりも体の知識は深いなと感じました!

まとめ

手首や付け根が痛いときは

1,筋肉が凝っているのでほぐす
2,筋肉が薄いので鍛える

いかがだったでしょうか?

私は気が向いたときにこれらの体操をしています。
はじめてから1週間くらいですが、洗い物やパソコンのキーを打つ時に感じていた痛みがなくなりました!

関連記事

あわせて読みたい
yogative体験記まとめページ 【lesson1】 http://minayoga.online/yogative-lesson1/ 【lesson2】 http://minayoga.online/yogative-lesson2/ 【lesson3】 http://minayoga.online/yogative-lesson3...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる