おすすめのヨガレッスンはここで決まり!

肩こり改善ヨガ 肩甲骨を上下左右に動かすのがポイント

こんにちは、みなみです。

デスクワークをしている限り肩こりは永遠の悩み…
というわけで、肩甲骨を効果的に動かし肩こりを改善できるヨガをご紹介します!

目次

肩こり改善ヨガ1

まずは写真のような基本姿勢の状態になってください。

※写真は足も腕も左が上になってますね笑 みなさんは間違えないで!

足が組めない人は前に伸ばしたり、もうすこし緩やかに組んだりしてみてください。

呼吸忘れずに

私のように反り腰気味の人は、常にお腹を背中側へ引っ込める意識をもって!

次は左右を逆にしてやってみてください。

肩こり改善ヨガ2

はじめの基本姿勢から、肘をあげます。

肩甲骨が広がっているのを感じます。

お尻を伸ばすヨガ

基本姿勢から前に倒れます。

この場合は上になっている足(写真は左足)のお尻を伸ばすことができます。
デスクワークをしているとお尻も固くなりがちなので、定期的にストレッチしましょう。

少し脱線しました!肩周りのヨガに戻ります!

肩こり改善ヨガ3

膝立ちになり、左足だけを横に伸ばします。
右ひざと左かかとが一直線上になるように!

息を吐きながらぐーっと伸ばす

そのまま肩から腕をグルングルンしましょう。
気が済んだら反対回し。

反対の足でもやってみましょう。

足が気持ちいいヨガ

月のポーズをやります。

この写真も真っ直ぐになってませんね笑

↑この状態でキープでも十分効いてます。
余裕がある人は手を上げて!

反対の足でもチャレンジ!

姿勢改善について

私の永遠の課題、姿勢改善…
姿勢が悪ければまた体が歪んできて腰痛やら肩こりに悩まされます。

以前の先生は「お腹を引き込んで上に引き上げるイメージ」と教えてくれました。
しかし今回のHaruka先生は「おへそを引き込んで、恥骨が前に出る感じ」と言っていました。

【オンラインヨガ YOGATIVE】 ヨガ...
Haruka | オンラインパーソナルヨガの【YOGATIVE〜ヨガティブ〜】 自宅でヨガパーソナルレッスン オンラインヨガ YOGATIVEのヨガパーソナル講師、Harukaの紹介ページです。私がヨガを始めたのは妊娠中でした。体調の不調を感じ、安産で出産したいという思いから続けてい...

私的にはこっちの言葉のほうがイメージがつきやすく、腰をガードできている姿勢をキープできました!
どうしても”引き上げる”という言葉は反り腰になりやすい

いろんな先生に習っていると同じ姿勢を取るときにも伝えてくるイメージが自分に合っているものを選べるので、めちゃいいなと思います。

今日の先生について

ブログを書くときに「基本の姿勢ってどっちの足が上のとき、どっちの腕が上だっけ」とわからなくなり、レッスンの翌日にharuka先生に聞いてみたらめっちゃ丁寧に返信してくれました。

レッスン中も優しくて、ポーズができなくても安心して受けられました!

まとめ

肩こりがやばい人は、とにかく肩甲骨を上下左右に動かすことが大事です。
記事には載せなかったのですが、眼精疲労がひどい人は「うさぎのポーズ」にもチャレンジしてみてください。

今回はガッツリ地べたに座るポースが多かったのでオフィスではなかなか使えないと思いますが、お風呂上がりや朝ヨガに取り入れていただければと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる